健康経営宣言

当社では、健康増進を重要な経営課題の一つとして位置付けております。組織の活性化や持続的な企業価値向上の実現のため、この度、「健康経営宣言」を策定いたしました。
社員が働きやすい職場環境の中で、社員及びその家族が自ら健康意識を高め、心身ともに健やかに働くことを目指し、職場環境の整備や健康経営の各施策の推進に努めていきます。

2022年4月1日
日本ピラー工業株式会社
代表取締役社長 岩波 嘉信

メンタルヘルスケアの取組み

活気ある職場づくりのためには、身体だけでなく、心の健康が重要な課題です。当社はメンタルヘルスの不調への対応だけでなく、職場でのコミュニケーション活性化などを含め心の健康づくりに取り組んでいます。産業医・カウンセラー・人事部門のワンストップ体制により、社員が抱える問題の早期発見と対応に努めるほか、外部EAP(従業員支援プログラム)機関のサービスも活用し、休職者の復職支援や再発防止にも取り組んでいます。

健康管理の取組み

当社では社員の健康保持・増進のため、健康診断100%受診を徹底しています。また二次健康診断の受診促進のための体制を整えており、健保組合とのコラボヘルスによる未受診者への受診勧奨にも努めています。

ワークライフバランスの取組み

社員一人ひとりが「心」と「体」の健康を保ち、ワークライフバランスを意識し充実した生活を過ごすことは、会社で活き活きと働くための基礎であり、会社の活力にもつながります。そのため、在宅勤務の実施や週1日の定時退社日の設定、フレックスタイム制度の導入など様々な健康施策に取組んでいます。

健康経営推進体制

グループネットワーク

グループネットワークページへ

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ